トピックス

  • HOME
  • トピックス
  • 「久能葉しょうが」がデザートに?!  静岡県産のフルーツや野菜がたっぷり使われた美味しいデザート!【キャトルエピス】

「久能葉しょうが」がデザートに?!  静岡県産のフルーツや野菜がたっぷり使われた美味しいデザート!【キャトルエピス】





静岡ならでは!の食材を使った、驚きのメニューを提供する名店をご紹介するシリーズ。

今回ご紹介するのは、静岡市久能地区で生産される「久能葉しょうが」。「久能葉しょうが」は、駿河湾沖の温暖な気候と砂地の土壌を活かしたハウス栽培により、全国に先駆けて出荷される高品質な葉しょうが。カリッとした歯切れのよい触感と、爽やかな辛みと香りが特長です。



そんな久能葉しょうがをデザートに活用しているのは、静岡県富士市にある「キャトルエピス」。

「キャトルエピス」では、完全予約制・月に数日だけお菓子の会「キャトルエピスデザート」が開催されます。通称「デザートの会」とよばれるこのイベントでは、オーナーである藁科さんの話を直接聞きながら、出来たてのデザートが楽しめるコースを堪能できます。写真は、あるときの「デザートの会」の様子。

葉しょうがとカスタードクリーム・ホワイトチョコレートを一緒に、薄いパイ生地でくるんだ「春巻き」が振る舞われました。「デザートの会」では、その日仕入れた素材の魅力や農家さんとのやりとり、つくる上で工夫していることなど、ここだけでしか聞けない想いやストーリーを紹介しています。

また、デザートの会でのお客様の反応を生産者にもフィードバック。単なる仕入先としてではなく、パートナーとして一緒に静岡の食を盛り上げています。参加者からは「葉しょうがは味噌をつける食べ方しか知らなかった」「しょうが、少し苦手だったけれどこんなにおいしいなんて」と次々と驚きの声が。





「キャトルエピス」では、「久能葉しょうが」の他にも、いちごは「紅ほっぺ」や「きらぴ香」、とうもろこしは森町「遠州森 鈴木農園」のものなど、静岡県産の野菜や果物を多く使用しており、直接、生産現場を訪れ、その特徴や栽培方法、生産へかける想いなどを確認し、お菓子づくりに反映しています。

 

■店舗情報
quatre epice(キャトルエピス)
住所:静岡県富士市瓜島町152-2
電話番号:0545-55-3388

このページについてご意見・
ご要望などお気軽にどうぞ

フォームから送信する

回答の有無/

SNSでシェアする