レストラン

富士宮市 Restaurant Mitsu

フランス料理
ふじのくにマエストロシェフ

長年のフランス修業、大使公邸料理人の経歴を持つ「ふじのくにマエストロシェフ」が、ふるさと富士山麓の豊かな恵みを活かし、地方の食文化と料理の本質を大切に、静岡県産食材の素晴らしさを美味しく伝えております。
地場の自然環境を愛し、「富士山麓キュイジーヌ」健全な自然味でもてなしております。

静岡県の食材を使った 人気メニュー

農園からのフレッシュ野菜とハーブのサラダ、駿河湾の旬の魚ポワレ富士山麓野菜添え、和牛ランプ肉ロースト香味野菜ソース

店で使っている静岡食材

富士山麓有機野菜、ニジマス、駿河湾産魚、富士の鶏、幸寿豚、牛肉

静岡県の食材を使った
店で使っている静岡食材

店舗情報

Restaurant Mitsu

住所 静岡県富士宮市小泉2343-102
TEL 0544-22-4439
WEB http://www.restaurant-mitsu.com/
SNS

店舗MAP

この店の「ふじのくに食の都づくり仕事人」

ふじのくにマエストロシェフ

石川光博

東京経済大で経営を学ぶも、アルバイトで食に出会い料理の道へ。東京のレストランで4年キャリアを積み、1989年に渡仏。ミシュラン三ツ星の「ミッシェル・ゲラール」をはじめ、5つの星付き店で研鑽を重ねる。1995年にはアフリカ・コートジボワール日本大使の公邸料理人に着任。さらに腕を磨き、1997年に故郷・富士宮市で「Restaurant Mitsu」を開業した。2013年に志を同じくする富士地域の仕事人有志と「クラブF」を発足。

仕事人インタビュー

「地方には、特有の環境があり、食材のルーツがある。そこで初めて、その地に食の文化が成り立つ。それを大切に守り続け、今の世界に発信しているのがヨーロッパの片田舎なんです」。修業先のフランスで、実際に地方の食の考え方と本質を学んだ石川光博さん。だからこそ、「富士山麓の恵まれた風土と食材の素晴らしさを、この故郷・富士宮で伝えたい」と熱い思いを味に込める。「おいしい料理とは、食の背景を知り、それをベースにした上にできるもの」。例えば、害獣対策でシカ肉を活用するなら、ジビエは本場フランスではどんな伝統料理なのかを理解し、尊重してレシピを考えなければ根付かない。仕事人は、「食文化はブームではない」と力説する。2017年は、店の創業20周年の節目で「ふじのくにマエストロ」を受賞。「本質を大切に、理想を追求し続けたい」と語る闘将の情熱に、限りはない。

 


店で開催した公民館講座「親子・食育・味覚料理教室」の様子。子どもと親がともに学べるのがポイントだ。

 

※「平成29年度ふじのくにマエストロシェフ称号受賞者のご紹介」記事より

レストランを探す